8/3 カナダ円日足ダブルトップ、売り建値決済で終了

ルール
エントリー ダブルトップ右上がり ダイバージェンス
決済 サポレジまで

実際の決済 建値決済で微益
結果 途中経過を見過ぎて上がってしまうと不安になり切ってしまった

いつものクセでてしまった…((+_+))
損切がどうしてもイヤで、頭ではちゃんとわかってますよ。
・損切ができない人は勝てない
・損切は必要経費だ

とか色々と聞きますし、株の世界だって同じこと言ってたし、損切の重要性しってるつもりでもできなかった・・・
少しでも利確したい気持ちが無意識に大きすぎて。
だからこそ、意識してやらなければならい。それイコール、ルールなんだって。

でも今回のトレードで気づいたんですよね。
このまま微益で建値決済ばかりになって損切にはなってないのになぜだか資金は目減りしていってます。

なので簡単に計算してみました。

10万円で始めて勝率6割,損切3%
※福利はなしと考えます。計算ややこしいので。

利益が出たら建値決済の場合
勝ち 建値で微益かプラマイゼロ
勝ち 建値で微益かプラマイゼロ
勝ち 建値で微益かプラマイゼロ
勝ち 建値で微益かプラマイゼロ
勝ち 建値で微益かプラマイゼロ
勝ち 建値で微益かプラマイゼロ
負け -3%(-3000円)
負け -3%(-3000円)
負け -3%(-3000円)
負け -3%(-3000円)
合計 ‐12,000円

損切ラインを移動しない場合
勝ち +3%(+3000円)
勝ち +3%(+3000円)
勝ち +3%(+3000円)
勝ち +3%(+3000円)
勝ち +3%(+3000円)
勝ち +3%(+3000円)
負け -3%(-3000円)
負け -3%(-3000円)
負け -3%(-3000円)
負け -3%(-3000円)
合計 +6,000円

複利で計算したら、損切はもう少し少なくできるし、利益はもう少し多くなるということです。
複利ってすごっ

だからもうぜーったいに(しばらくは)損切ラインは動かしません(^^)/

スポンサードリンク